展示会情報

苅込華香作陶展(会期:2019.11.1~11.30/会場:広尾プラザ2F ギャラリーファインアーティスト)

11月展示会情報 苅込華香~水のかたち~作陶展
会期:11月1日(金)~30日(土)
会場:広尾プラザ2階 ギャラリーファインアーティスト

彼女が表現する作品は磁土の持つ柔らかさときらきらと輝く
結晶釉が魅力的に表現されている。

略歴
2019 年 東京藝術大学 美術研究科 工芸専攻 陶芸研究分野 修了
現在 東京藝術大学 美術学部 陶・磁・ガラス造形研究室 教育研究助手

どなたでもご自由にどうぞ。みなさまのご来場、お待ちいたしております。

現代に生きる蒔絵師 箱瀬淳一うるし展(会期:2019.12.1~2020.1.15 / 会場:広尾プラザ2階 ギャラリーファインアーティスト

現代に生きる蒔絵師 箱瀬淳一うるし展
会期:2019年12月1日(日)~2020年1月15日(水)
会場:広尾プラザ2階ギャラリーファインアーティスト

この度、世界に向けて蒔絵の美を発信する漆芸家、箱瀬淳一氏の作品をはじめて広尾プラザ2Fギャラリーファインアーティストで展示(販売)いたします。
常に新しい感覚を作品に吹き込むその作品は、2004年~ヴァンクリーフ&アーペルとのコラボレーションをはじめ今年ヘレンドとのコラボレーション作品発表を終えますます活動の場を世界へと発信しつづけております。
みなさまのご来場、心よりお待ち致しております。

広尾プラザクリスマスフェアー2019年(会期:12.21~12.24 会場:広尾プラザ2階ギャラリーファインアーティスト

 

広尾プラザクリスマスフェアー2019年
会期:12月21日(土)~24日(火曜日)
会場:広尾プラザ2階ギャラリーファインアーティスト

広尾プラザテナントをご利用されているお客様に対して日頃のご愛顧に感謝し
小社ギャラリーファインアーティストでは、大人のクリスマスアート特集として
アルフォンス・ミュシャなどの版画を通常販売価格の50%offにて期間中特別に販売いたします。

「シャンパン・ビスケット」
イメージサイズ39×27cm

皆様のご来場、心よりお待ちいたしております。

ギャラリーファインアーティスト 広尾プラザ 開店2周年記念特別企画 棟方志功 作品展(会期:2019.10.14~24 会場:広尾プラザ2階「ギャラリーファインアーティスト」)

棟方志功

ギャラリーファインアーティスト広尾プラザ開店2周年
記念特別企画  棟方志功 作品展
会期:10月14日(月)~24日(木)
会場:広尾プラザ2階 ギャラリー ファインアーティスト

この度棟方志功作品展を初めて広尾プラザにて開催致します。
多くの同業者のご協力にて展示会を開催する運びとなりました。
ご協力いただきました 苑壽様 に感謝申し上げます。
10月20日(日曜日)午後より棟方志功の作品を語る会を開催致します。
無料。棟方志功氏は知名度は高いが良く知らないと思う方々は、ぜひともご参加ください。
ともて面白い企画となっておりますので皆様のご来店をお待ちいたしております。
略歴
1903年 青森県青森市に生まれる
1952年 スイス・ルガノの国際版画展で日本人として初の優秀賞を受賞
1956年 ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展で国際版画大賞を受賞
1960年 左眼がほぼ失明状態となる
1970年 毎日芸術大賞を受賞、文化勲章受章、文化功労者に顕彰
1975年 9月13日逝去 享年72 従三位に叙され、銀杯一組を賜る

ホテル椿山荘東京展示会 棟方志功、最新作レスリー・セイヤー、近藤裕久、前沢幸恵、伊藤ミナ子 作品展(会期:2019.10.26~11.03/会場:ホテル椿山荘東京)

棟方志功

10月展示会情報 ホテル椿山荘東京展示会
会期:10月26日~11月3日
会場:ホテル椿山荘東京

この度はじめてホテル椿山荘東京にて、棟方志功、レスリー・セイヤー 作品展を開催致します。

 

日本のゴッホと称され、世界的に有名な版画家、「棟方志功」氏の1940年代後半から1970年代前半の最後の作品までを
倭画の肉筆と版画(木版)をとりまぜ、30余点を展示販売いたします。

 

また、画家 「レスリー・セイヤー」に関しては、38年間交流をしている「ファインアーティスト」ならではの貴重な作品と、アメリカのアトリエから直接届いたばかりの最新作を

75才で描いた油彩を展示致します。

 

併催として、「伊藤ミナ子」氏の新作漆作品と「近藤裕久氏・前沢幸恵氏」による2人作陶展を同時開催いたします。

「伊藤ミナ子」現代の生活スタイルの中で和洋での漆の在り方を探りながら、

和洋を問わないボーダレスな「漆芸」表現を制作。(掲載作品:蒔絵箱「Lotus」

 

「近藤裕久」美濃の山の土や草木の灰を釉薬に使い、薪窯焼成ならではの温もりを感じる作品。(掲載作品:灰釉角花入「天の雫」

 

「前沢幸恵」黄瀬戸の新表現(滲透技法)を用い、磁器表面の模様から内側に滲んだ色は透き通り、鮮やかな緑を表現。(掲載作品:「大鉢翠雨」

 

ホテル椿山荘東京の場所はHPのこちらより

皆様のご来場をこころよりお待ちいたしております。