箱瀬淳一うるし展(会期:2021.07.24~2021.08.02/会場:広尾プラザ2階ギャラリーファインアーティスト)

7月 展示会情報
箱瀬淳一うるし展
会期:7月24日(土)~8月2日(月)
会場:広尾プラザ2階ギャラリーファインアーティスト

Japanese lacquer=うるしと英語では表現する、”うるし”は、日本の伝統工芸の代表でもある。
うるしを世界に広めたアーティスト
箱瀬淳一氏の素晴らしい蒔絵や器をこのオリンピック開催と同時に展示いたします。
箱瀬氏は、伝統の枠から出てフランスの数々のブランドとコラボレーションし成功している漆芸家である。
彼の作品から今の日本の新しい蒔絵を知ることができる。
日本のみならず、海外へ発信続ける作品をこの広尾プラザでご覧いただけます。
ぜひこの機会にご覧頂きたく思います。

 

Japanese lacquer, or “urushi” as it is called in English, is a representative of traditional Japanese craftsmanship.
Artist who spread Urushi to the world
Junichi Hakose, an artist who has spread urushi around the world, will be exhibiting his wonderful maki-e lacquerware and vessels at the same time as the Olympics.
Mr. Hakose is a lacquer artist who has successfully collaborated with a number of French brands out of the traditional framework.
From his works, we can learn about the new Maki-e of today’s Japan.
You will be able to see works that continue to be transmitted not only to Japan but also to other countries at Hiroo Plaza.
We hope you will take this opportunity to see his work.
●箱瀬淳一の作家紹介は>>コチラ