谷崎潤一郎さんの『陰翳礼讃』を読んで漆の道を志しました。 現代の生活スタイルの中での漆の在り方を探りながら、 和洋を問わないボーダレスな漆芸表現をコンセプトに制作しています。

伊藤 ミナ子

技法で選ぶ

  1. 漆芸

作家詳細

伊藤 ミナ子/Ito Minako

伊藤ミナ子
略歴
現在  日本工芸会準会員、日本文化財漆協会会員
2018年 初個展 伊藤ミナ子漆芸展 -First Touch-(東京アメリカンクラブ)
2016年 東京藝術大学 美術研究科 工芸(漆芸)専攻修了
2014年 京都造形芸術大学 芸術学コース卒業
2013年 第30回日本伝統漆芸展 初入選 〈日本伝統漆芸展 新人賞〉
2012年 石川県立輪島漆芸技術研修所 特別研修課程卒業 卒業制作〈所長表彰〉

Biography :
present Associate member of Japan Crafts Association
Member of Japan Cultural Assets Urushi Association
2018 First solo exhibition at Tokyo American Club Frederick Harris Gallery
2016 Graduates with M.A. degree from the Fine Arts Research Department at Tokyo University Of the Arts, specializing in Urushi Arts
2014 Graduates with B.A. degree from Kyoto University of Art & Design
2013 30th Japanese Traditional Art Crafts Exhibition (First time selected) and received Newcomer Award
2012 Graduates from Ishikawa Prefectural Wajima Lacquer Technology Training Institute (Received Director’s Award)

 
 

◆レスリー・セイヤーの >> 全作品リストはこちら
◆海外アーティストの >> 全作品リストはこちら
◆国内アーティストの >> 全作品リストはこちら