ピエール・ドートルロー

1938年、中世の面影を残す南仏プロヴァンス地方アルル旧家、弁護士を父に持つ家庭に生まれる。13歳のころより絵画の才能を発揮し、1956年、18歳にして、初の個展を開催する。(アルル)二コラ・ド・スクールの仲間達による、多大な評価、支持を得る。また、特定の師は持たないが、ピカソを初めとする多くの画家の助言を得る。ニューヨークのW・ヘンドリーギャラリー、パリポンピードセンターなどの世界中の美術館で展示会をしている。20色以上の塗り重ねで作品全体に素晴らしい調和を生み出している。 静寂な風景画やエモーショナルな部分を秘めながら洗練された画風に定評がある。

作品

  • 青い海の疾走
  • 3号
  • N.Yの朝
  • 3号
  • 午後の停泊
  • 3号
  • 静かな朝
  • 3号
  • 風をはらむ帆
  • 3号
  • ヨットの揺らめき
  • 3号
  • 現品のみ
  • スカイブルー
  • 3号
  • 現品のみ
  • 朝の水平線
  • 6号
  • 霧かかすむ海
  • 8号
  • 朝のN.Y.
  • 売約済
  • 濃青
  • たそがれ
  • 褐色の海(ノーマージン)
  • 夕べの印象
  • アルジェンテの光
  • 夜明け
  • 霧の中の帆船Ⅱ
  • 現品のみ
  • 褐色の帆船
  • 現品のみ
  • 港の入り口
  • 現品のみ
  • 白い帆船Ⅱ
  • 現品のみ
  • 夕焼の中の帆船(青い海の予感)
  • 現品のみ
  • 小さな灯台リトグラフ
  • 現品のみ

作家詳細

1964年、ギャラリー・ド・パリと契約。ブライエ・ブラジリエらとグループになり活躍し、若くしてパリ第一線の画家となる。
以後、ニューヨークのW・ウィンドレー・ギャラリー、ポンピドゥード・センターなど世界各国のギャラリー・美術館にて展覧会を開催。日本にも3回来日する(観客累計15万人動員)。1968年に米国での滞在を初める。

ゴッホ財団による作品収蔵、エールフランスによる作品依頼、リトグラフによる豪華本の挿絵、ゴルフ場、乗馬クラブ、ヨットハーバーなど、多方面のスポーツ施設の為の絵画・壁画制作、等等、幅広く活躍する。近年、スイスのル・ローゼイ学院の正面玄関の大壁画を手掛ける。

(作品の特長)
ドートルローの描こうとする「時」というムーブメントの一瞬は、視覚を超越した眼によって捉えられ、単に切り取られた瞬間としてではなく、エモーションとエネルギーの集約した絵画として凝結する。視覚の変形をもとに、自分の言語を築き上げる。点は線に、線は面となり、そして色彩は変化する・・・・。
この完璧主義者であるドートルローの作品は、ムーブマンの表現のテクニックと20色以上の塗り重ねで、作品全体に素晴らしい調和を生み出している。また、安らぎを覚えるような、静寂な風景画や、エモーショナルな部分を秘めながら、洗練されたセンスの香り立つ静物画に定評がある。
作品の主な焦点は風景画であり、厚いテクスチャ―のある顔料をのせることで光の拡散や動きを研究している。
彼の経歴を通して描き続けてきた作品の大部分は焦点が合っていない「微妙な色のグラデーション」によって占められている。彼の描く繊細な色彩表現により速度、反射、又は大気の深さによって光がどのように操作されるかについても成功している。