20世紀フランスのパリを代表するフランス近代絵画家。
明るい透明感のある色彩や、油画や水彩画表現の作品を描く。
絵画、テキスタイルデザインなど数多くの作品を残している。

技法で選ぶ

  1. リトグラフ

作家詳細

ラウル・デュフィ/Raoul Dufy (1877年6月3日 – 1953年3月23日)

略歴

フランスのファッションデザイナーであるポール・ポワレと出会うことで、木版刷りで布地のテキスタイルデザインを提供。海や花、馬やヴァイオリンなどのラウル・デュフィ独特のモチーフは、シンプルなシルエットを主流とし、モードファッションで注目される。他にも本の挿絵、舞台美術、タペストリー、陶器の装飾、『VOGUE』表紙などを手がけ多くのファッショナブルで色彩表現豊かな作品を数多く残している。
フランスのオルセー美術館、国内では国立西洋美術館などと、多くの作品が収蔵されている。

■作品の特長
フォーヴィスム(野獣派)であり、感覚に直接的に働きかける表現手段として色彩を用いたため、色彩表現豊かな印象を与えます。
海や花、馬やヴァイオリンなどのラウル・デュフィ独特のモチーフの画題が多く、見ていると、音楽が聞こえてきそうな美しい絵画を楽しめます。

 
 

◆レスリー・セイヤーの >> 全作品リストはこちら
◆海外アーティストの >> 全作品リストはこちら
◆国内アーティストの >> 全作品リストはこちら