1933年 山梨県甲府市生まれ。大英博物館(英国)、文化庁など収蔵される。日本を代表するグラフィックデザイナー。オフセット印刷による作品制作やコンピュータによる画像合成を用いた新しい芸術表現を確立してきた。

『Space & Space / Nature-1302』遠藤享/Endo Susumu

技法で選ぶ

  1. リトグラフ

作家詳細

遠藤 亨/Endo Susumu

遠藤享
略歴
1933年山梨県甲府市生まれ
1959年武蔵野美術学校(現大学)デザイン科中退
1962年桑沢デザイン研究所グラフィックデザイン研究科卒業
展覧会
1977,79,81,83,85,87日本現代美術展(東京都美術館・京都市美術館)
1980,82,84,86,88日本国際美術展(東京都美術館・京都市美術館)
1981ジャパン・アート・フェスティバル’81(東京・大阪・ロンドン)
1982, 86英国国際版画ビエンナーレ(ブラッドフォード)
1982GRUPA JUNIJ ’82(旧ユーゴスラビア)
1982-2002IBIZA GRAFIC(スペイン)
1983-99個展(伊勢丹・新宿/隔年計8回開催)
1983,85,87,89,93,97GABROVO国際ビエンナーレ出品/’89,’97国際審査員(ブルガリア)
1983,85,87,91リュブリアナ国際版画ビエンナーレ(旧ユーゴスラビア)
1983-2009CWAJ展(東京アメリカンクラブ/毎年)
1983,87アラバマ・ワークオンペーパー展(アメリカ)
1984第5回国際グラフィックアートビエンナーレ(ベルギー)
現代日本の版画展(旧ユーゴスラビア・スコピエ現代美術館)
1984, 87Inter-Grafik (ドイツ・ベルリン)
1985第2回CABO FRIO国際プリントビエンナーレ(ブラジル)
日本の版画展(栃木県立美術館)
1986現代日本版画作家10人展(アメリカ・コネチカット)
1986,88,91,94,97,00,03クラコウ国際版画ビエンナーレ(ポーランド)
1987ソウル国際版画交流展(韓国・ソウル)
1988リュブリアナ国際版画ビエンナーレ日本展(川崎市民ミュージアム)
1989個展(サンパウロ美術館) / “地・間・余白展”(埼玉県立近代美術館)
1989,91,94,96,01,04BHARAT BHAVAN国際プリントビエンナーレ(インド)
1989,91,93,97,01,03バルナ国際版画ビエンナーレ(ブルガリア)
1990個展(山梨県立美術館) / 静物(近世から現代へ)展(静岡県立美術館)
1990,92高知国際版画トリエンナーレ / INTERPRINT LVIV国際版画展(ウクライナ)
1991,2001,2004個展(銀座養清堂ギャラリー)
1991二人展(渋谷区立松濤美術館) / Intergrafia ユ91(カトワイス・ポーランド) /MATA展(サンパウロ近代美術館) / 大阪版画トリエンナーレ1991・第2回 国際現代造形コンクール
1991,94,97,00,03クラコウ国際版画トリエンナーレ(ポーランド)
1992,95ノルウェー国際版画トリエンナーレ(ノルウェー)
1993,97,02エジプト国際版画トリエンナーレ(エジプト)
1994個展 Hyndai Art Gallery(韓国・ソウル)/ 個展 GALERIE VON OERTZEN(ドイツ・フランクフルト)
1998,2003アジアプリントアドベンチャー展(北海道立近代美術館) / “SPACE” 現代日本版画展(ティコティン日本美術館・イスラエル)
1998,04.10,14個展 She’s Gallery(旭川)
1999個展 Sofia Shipka Gallery, Rousse Art Gallery / Gabrovo House of Humour and Satire(ブルガリア)
2000個展 London 大和日英基金ハウス
2001日本版画美術展招待出品 Banska Bystrica 国立美術館(スロバキア)
個展 ヘルシンキ芸術デザイン大学(フィンランド) 
2003それぞれの版表現・ブルガリア現代版画と日本展(山梨県立美術館)/ ゴールデンスマイル招待展(GABROVO/招待)/ 国際版画トリエンナーレ・クラコフ 2003(ポーランド)/第14回ラハティ・ポスター・ビエンナーレ(フィンランド)
2004第7回国際アート・トリエンナーレ・マイダネク2004(ポーランド)/ 第4回国際トリエンナーレ・ソフィア(ブルガリア)/ AGldear国際デザイン会議、メルボルン講演(オーストラリア)
2005個展 ザ・トールマンコレクション
2006BHARAT BHAVAN国際版画ビエンナーレ(インド)
2007最先端の日本現代版画展CWAJ、米国会議所
2009国際版画トリエンナーレ、クラコフ2009(ポーランド)/ 第14回国際版画トリエンナーレ、R.O.C.(台湾)/ 第2回バンコク国際版画&ドローイング、トリエンナーレ展
2013国際版画ビエンナーレ展(バルナ、ブルガリア)
2014国際版画アートトリエンナーレ展(ソフィア、ブルガリア)
2015ルッセ市美術館展 招待出品(ブルガリア)
収蔵
  • 大英博物館(イギリス)
  • サンパウロ美術館、MASP / サンパウロ近代美術館、MAC(ブラジル)
  • ワルシャワ国立美術館 / クラコウ国立美術館 / シルシア国立美術館 / ステイテル国立美術館 / 国立マイダネク美術館 (ポーランド)
  • イビザ現代美術館(スペイン)
  • スコピエ現代美術館(マケドニア)
  • ノビサド美術館(ユーゴスラビア)
  • BHARAT BHAVAN ルーパンカル美術館(インド)
  • ニューサウスウェールズ州立美術館(オーストラリア)
  • ウクライナ現代アート独立センター
  • ノルウェー現代グラフィックアート美術館
  • ルセ市立アートギャラリー/ユーモア風刺美術館(ブルガリア)
  • ティコティン美術館(イスラエル)
  • リュブリアナ建築美術館(スロベニア)
  • ロスアンジェルス・カウンティ美術館 / 米国議会図書館 / モリカミ美術館(アメリカ)
  • カイロ・ファインアート・ギャラリー(エジプト)
  • マケドニア文化庁(マケドニア)
  • 文化庁/国立京都近代美術館/群馬県立近代美術館/和歌山県立近代美術館/静岡県立美術館/栃木県立美術館/北海道立旭川美術館/山梨県立美術館/大阪府現代美術センター/渋谷区立松濤美術館 他