~南仏の太陽の画家~ロジェ・ボナフェ絵画展

会期:5月28日(月)~31日(木)10:00~21:00(最終日は19:00まで)
会場:広尾1F 明治屋前

「成熟したワインのような色彩」ロジェ・ボナフェの絵画は、
母国フランスで賞賛を込めてそう呼ばれます。
太陽に照らされる、紅葉したぶどう畑、カラカサ末、空に向かって伸びる糸杉。
1932年にモンペリエに生まれ、南仏で生まれ育った彼の人生は、まさに色彩の輝きに溢れています。

南仏がインスピレーションを与えた彼の芸術は、2001年、国際連合欧州本部(スイス・ジュネーブ)での50周年記念絵画展をはじめ、今や世界中で人々を魅了し続けています。
今回、ロジェ・ボナフェの作品を40点展示致します。是非会場にて、ご高覧下さいませ。